レジメンタルタイ

今季のレジメンタルタイは、縞のコントラストを強調しない代わりに、
素材や柄にヒネリを効かせたものが目立ちます。

クラシックな装いにさりげなくモダンさを注入してみませんか?


渋めの色調やフェード感ある縞柄が効き、自然に馴染み
それでいて程よく華やぎも感じられるスタイルに。

シルク100% 幅8㎝ 11,000円 LAPITA


右下がり(米国式)


右上がり(英国式)

柄の「右上がり」と「右下がり」の違いは?

レジメンタルタイは、所属ごとに色・柄の異なる旗を使っていた
16世紀の英国陸軍の連隊旗がルーツとされる。

英国では向かって右上がりのストライプが伝統だが、
20世紀初頭米国でこれを反転したタイが生まれ大ヒット。
以後、アメトラなら右下がり、正統派の英国スタイルなら右上がりとの
イメージが確立されっていったのです。

インスタグラムをやってますので また、ご覧ください

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://shaker.nousaku.net/10634/trackback

Comments

Post a comment

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • カテゴリー

  • アーカイブ

    • 47
    • 59
    • 172,883