よい傘がないのなら、濡れていけ。

いや、そうは言ってもむろん程度問題です。
びしょびしょに濡れて他人に会うのは失礼である。
第一風邪をひく。どうぞコンビニでビニール傘をお求めください。

しかし、いつもいつもビニール傘ではせっかく整えた服や靴が泣く。
バランスがとれてないからです。外見というのは全体で見てサマに
なるという「引きの目線」が大切です。

四季折々の雨の日の自分を想像したコーディネイト・ジグソーの
おそらくラストピースが傘でしょう。家の兵站には優れた傘が
いつでも出番を待っている状態は、紳士の精神衛生への貢献大です。
傘(1)
フォックス・アンブレラの傘

英国紳士を気どるなら、細巻きのステッキタイプ
細く巻けてステッキ然としたシルエットに英国紳士の傘への想いが宿る。
ハンドルも瀟洒な作りで、携える姿も絵になると好む男性が多いです。

ハンドル
左から アニマルヘッド(ラビット・ニッケル) 34,560円
    マラッカ  30,240円
    チェスナット(栗)  31,320円
    ワンギー(竹)  35,640円

                     

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://shaker.nousaku.net/6734/trackback

Comments

Post a comment

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • カテゴリー

  • アーカイブ

    • 24
    • 79
    • 172,939