スーツ&ジャケット オーダー会

 シェーカー・オムでは、スーツ&ジャケットオーダー会を開催します。
 以前は生地にこだわる方も、大半がイタリアやイギリスなど海外産地のファンでした。
 しかし国内製品に必要な強度などの問題をクリアしつつ、色気、風合いを表現する上で
 尾州生地はインポートに負けないポテンシャルがあります。派手ではないけど柔らかく
 繊細で、かつてない風合いを持つ生地が葛利毛織から生まれています。尾州の中から
 特におすすめの生地で是非お気に入りの一着をパターンオーダーしてみてはいかがで
 しょうか? 必ずやご満足いただけるものと確信しております。   
 皆様には この機会をお見逃しなきよう、なにとぞ ご来店、ご用命くださいますよう
 ご案内 申し上げます。                                 

        スーツ&ジャケット オーダー会
       4月14(土)~ 4月22日(日)11時~19時

 
        スーツ ヴィンテージ生地 108,000円
        スーツ 葛利毛織生地 194,400円~
        ジャケット 葛利毛織生地 129,600円~
        パターンオーダーシャツ  22,680円~

        お買い上げの方にオリジナルチーフをプレゼント。 
        納期は約4週間。   価格以上の着心地を楽しめます。

尾州とは?

1200年以上の歴史を誇る織物の名産地
毛織物産地の”尾州”とは愛知県尾張西部一宮市周辺のこと。
奈良時代以来、良質な木曽川の水を用いた麻・絹織物の産地として栄えたが
江戸時代後期には綿織物の一大産地に、昭和初期には世界有数の毛織物産地へと
発展。紡績~製品化の工程を尾州内で一貫して手掛けることで、世界でも
トップレベルの開発ノウハウを蓄積してきた。
日本に、こんな凄い生地産地があった!

「DOMINX」葛利毛織(くずりけおり)

創業は1912年。昭和初期からドイツの低速織機「ションヘル織機」を
導入し、手織りのようにふっくらした良質な生地を多数生産。

                      

        

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://shaker.nousaku.net/wp-trackback.php?p=7433

Post a comment